EXILIM Hi-ZOOM EX-H10

2009年10月31日 (土)

ポートレートモードって、要するに塗り絵なんだよね?(CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10)

明日から11/6までまた柏崎なので、出かける前に投稿しておかないと更新間隔が開きすぎてしまうのよね。

効果がないとは言わないけれど?”では書き忘れていたんだけれども、“ポートレート”や“パーティー”といったモードでは、撮影後に「処理中です。しばらくお待ちください」という趣旨のメッセージが出て、すぐに尾は次の撮影に移れません。

 まぁ、CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10 に限らず、どの機種でもこのようなメッセージが出るっていうことは、カメラ内部で何らかの処理をしているとみて間違いありません。

 んで、何をやっているかというと、ぶっちゃけ“塗り絵”。

 身も蓋もないって?マァそういわずにご覧くださいな。

Pa171393

 モデルは例によって“恋まねき”コーディネーターのお二方。前回の柏崎出張で撮影してきたものの中から使います。

Cimg0278_2

Cimg0277

左が“AUTO”、“右がポートレート”です。クリックで幅1024pixelまで拡大するので、一応ご覧になっておいてください。

 カメラ内部のソフトウェア処理以外にも、“ポートレート”に設定すると、フラッシュの発光は極力控える方向で撮影されます。撮影データで確認すると、左(AUTO)・フラッシュ発光、右(ポートレート)・フラッシュ発光せず になっています。

 撮影時に『なんでやねん?』と思ったのは確かだから、間違いなく撮影データの通りですね。その割にISO値はどっちも400のまま、その代わり“ポートレート”ではシャッター速度が1/15秒と低速になっています。

 EX-H10の焦点距離43mmって、35mmフィルム換算でどのくらいになるんだろう。とにかく、補正が働いていたとしても、手振れ・被写体ブレが発生しているかどうか微妙なラインなことは確か。

 本当は、両方からpixel等倍を切り出して比較しようかと思っていたんだけれど、フラッシュの必要がないくらい明るいところで、両方のモードの撮影をしてこないと正確な比較が出来ません。結論は次回に持ち越し。

 ついでだから、12Mpixelを等倍観賞してみてビックリした画像を、せっかく切り出したんだから貼っておくことにします。

Sangu01_2

 三宮コーディネーターの、清楚な目元を拡大。睫毛の1本1本どころか、フラッシュ光を反射して光ってる汗の粒々まで分かっちゃう!

 いやはや、技術の進歩って言うのは恐ろしいもんだなぁって感じた一枚でした。

 Web公開サイズに縮小するとまず判んなくなるし、プリントするにしたってポスターサイズにでも引き伸ばさないと肉眼では見えないけどね?こんなの。

 現在以上の高画質化はいらないんじゃないかっていう議論が出るのも、ある意味当然でしょう。

「日記ブログに貼る程度の写真なら、旧式のコンパクトデジカメでも充分」

という意見も分かります。だけどさ、

 1インチ程度のLCDでは、どこにピントが合っているのか分かんなくって、カメラの合焦音を頼りにするより他無いわけなんだよね。

“作品”を撮ろうと思ったら、2.5~3インチくらいのLCDは欲しいのよ。DMC-G1やE-P1に慣れてしまったら、昔のチッチャイ液晶モニターには戻れません。

| | コメント (48) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

効果がないとは言わないけれど?(CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10)

さ~て、どっちがどっちでしょ~か?

Cimg0186

Cimg0187_2

 モデルになってくださったのは、“恋まねき”のコーディネーター、三宮麻美さん。

Cimg0193_2

  割とノリの良い、和装の似合いそうなスレンダーなお嬢様。

 新潟県柏崎市の、ニコニコ通り商店街にある、婚活応援サロン“恋まねき”の備品に、CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10 シルバーがあることは、“やっぱり笑顔が一番でしょ?”で書いたとおりです。

 前回の日記でちょっと触れたとおり、オープニングパーティーメインカメラマンをやってました。

 正確に言えば、(株)縁招の立ち上げ関係業務も含めて、9月26日から10月3日までNPO全防災北陸ブロック柏崎事務所へ行ってました。

 柏崎へ行っている間は、“恋まねき”の面倒を見るのも業務の内です(オフラインでの話ね?)。備品のチェックも兼ねてEX-H10を弄り回してみます。

F1000006  EX-H10には、BS(ベストショット)モードというのがあって、被写体や撮影目的に合せて最適な設定をしてくれる事になっています。σ(・・*)の私物機材で言えば、OLYMPUS E-P1のSCNモードに近いでしょうか?

 一番上の段右端が“人物モード”です。時間も限られている事ですし、今回はたくさんある設定の中からこの人物モードを試して見ることにします。


F1000008 ⊂(・・*)モード選択時の詳細設定画面です。

 E-P1シーンモードの、過剰ともいえる詳しい説明書きと比べると、えらくアッサリしてますね。

 まぁ、Panasonic DMC-G1なんかは、LCD画面上には何の説明も出しませんから、こんな程度でも表示してくれるだけ親切といえるのかもしれません。

 さて、この人物モードを使った時と、使っていない時では、どのくらい違いがあるのか試してみようというのが、冒頭に並べてある2枚の写真です。


 もう一度掲載しておきましょう。因みに、太陽光は道路に面した入り口側からしか入ってこないテナントスペースですから、昼間といえどもEX-H10の内蔵フラッシュは自動発光してしまいます。BSモードでは特に。

Cimg0186

Cimg0187_2

  さて、どちらが、“人物モード”で撮影したものでしょうか?クリックで幅1024pixelまで拡大します。

 正解は、「右の写真が“人物モード”」です。左の写真は、デフォルト設定のAUTOモード。

 違うところがないとは言わないけれど、この2枚の写真を撮影した状況では、効果の程は微妙かな?オリジナルデータをpixel等倍で見比べてみると比較的分かりやすいのですが、“人物モード”では、被写体表面の微細な凹凸や微妙なグラデーションが目立ちにくいようにノイズリダクションされています。

 麻美さんの後ろにある壁材の木目が、“人物モード”では分かりにくくなっているのもそのためでしょう。

 ま、要するに「カメラ内部のソフトウェア処理でお化粧をしてくれている」訳ですね?

 特に“若いお嬢様”が被写体の場合には、“人物モード”は使わない方が、その魅力を余すところ無く伝えられるのではないか?

 そんな風に思ったりもします。

ブログネタ: 台風直撃!あなたの街は大丈夫?参加数

そうそう、三宮さんといえば、こんな日記を書いて下さってます。

柏崎市委託事業 結婚活動応援サロン 恋まねき台風18号

 昨晩から今朝に掛けては、予報どおりの大雨と結構な風でしたが、台風18号の移動速度は予想よりも速かったらしく、朝9時過ぎには小雨になり、お昼前には晴れ間も見えるようになりました>長野県南信地域。

 心配された農作物の被害も、果樹関係に関してはあまり深刻な事態にはならないようです。

 台風などによる被害はないに越した事はありませんが、人間がコントロールできる事ではありませんからねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月25日 (火)

苦手なものは苦手なの!(EXILIM Hi-ZOOM EX-H10)

CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10 で撮影した、恋まねき”店頭のアサガオです。
Cimg0013

 何も特別な事はしていません。アサガオの花にピントを合わせ、シャッター半押しのまま構図を変えて撮影しただけのものです。「EXILIM Hi-ZOOM EX-H10というカメラは、何もしなくてもこのくらいの写真は撮れるのだよ」という一例を提示しておいて、前回の続きです。

フルサイズ記録で撮影してみないと、本当の実力というのは分からないものですが、ひょっとしたらEX-H10内部のリサイズ処理プログラムが“タコ”なんではないか?と思わなくもありません。

前回こういう話に留めておいたんですが、(。・・)/

 長野へ出発する前に“恋まねき”へ立ち寄って、お祝いの花が飾られたお店の様子を撮影したついでに、自分のSDカードと差し替えてフルサイズ記録のデータも作ってきました。

Cimg002  結果としてどうだったかというと、やっぱり単色同士の境界線でジャギーが出てる&あり得ない色のノイズが発生してる(*・д・)σ

 ρ(・д・*)コレの基データからpixel等倍で切り出したものです。
Cimg0024_2 こうなってくるとねぇ、EX-H10というカメラはこういう仕様なんだと思わざるを得なくなってきます。

 EX-H10というカメラが、値段相応の実力を持たない落第品といるのではありません。そういう話をしているわけではないからこそ、冒頭でアサガオの写真を掲載したんです。

“デフォルトのままではこういう被写体が苦手である”ということを理解して付き合っていけば良いだけの事なのではありませんか?

 撮影モードや設定の変更で改善の余地があるかもしれませんから、挑戦してみるのも良いでしょう。どうでも我慢がならないというなら、買い換えるなり買い増しするなり、お好きなようにされると宜しい。

 ρ(・・。) コレくらいの写真は、何も考えていなくたって撮れるんです>EX-H10
Cimg0005

 常に手の届くところにあるわけではありませんが、柏崎へ出向く機会があれば少しずつ機能の確認をしていきたいと思います。

コネタマ参加中: ちょっと高かったけど、買って良かったモノは?

 DMC-G1E-P1を始めとして、主力で使っている撮影機材は全てそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

やっぱり笑顔が一番でしょ?(EXILIM Hi-ZOOM EX-H10)

 前回ちょっとだけ書きましたが、今日まで柏崎です。12:56の電車で長野へ向かい、夕方からは“なんとかフェスティバル長野騒乱”の取材に入ります。  んで、柏崎で何をやってたかって言うと、主にこれ>Koilogo のオープニングをやってました。

コネタマ参加中: ドキッとする異性のしぐさ、表情は?【ココログ選手権】

P105099
 柏崎市委託事業、結婚活動応援サロン“恋まねき”のコーディネータお二人の内の、泉 久美子(いずみ くみこ)さんです。笑顔の素敵なお嬢様。もうお一方、三宮麻美さんは、いずれ紹介することもあるとあるかと思いますが、このサイトはそっち系の話は余禄ですので悪しからず。

P1060013  泉さんが手にしているカメラにご注目。“恋まねき”の備品、EXILIM Hi-ZOOM EX-H10です。

◎15000円以上で送料無料!★☆お買い得セットもご用意!詳しくはページ内バナーにて!★☆CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10 シルバー ◎15000円以上で送料無料!★☆お買い得セットもご用意!詳しくはページ内バナーにて!★☆CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10 シルバー

販売元:デジカメ オンライン
楽天市場で詳細を確認する

 こんなところで目にするとは思っても見ませんでした。自分のものではありませんし、業務の合間なのであまり時間も取れませんが、ちょっとだけ弄ってみました。ついでに、業務で使う写真もEX-H10で撮影してみる事にしましょう。

 と、おもったらねぇ、画像の記録サイズが3M相当に設定されてたりして>備品のEX-H10。「パソの負担を重くしないように」ってのは分かりますが、勿体無いですよ、隊長?

Koi  もう一つ言っておくと、コントラストの強い境界線が妙にジャギー掛ってます>3M記録。

 論より証拠のpixel等倍(*・д・)σ

 Wordとかに貼り付けて使う場合はともかくとして、Webで使うようにリサイズすると、こういうジャギーは拡大される傾向にあるので、Web素材撮影用としては非常に使いづらい物となってしまっています。

 “W=2048pixel”の3M記録は、LUMIX DMC-G1 の“Sサイズ”撮影に相当します。DMC-G1ではこのようなジャギーの発生は見られないので、ビックリしてしまった次第です。

 フルサイズ記録で撮影してみないと、本当の実力というのは分からないものですが、ひょっとしたらEX-H10内部のリサイズ処理プログラムが“タコ”なんではないか?と思わなくもありません。

  お昼の電車で長野へ向かう前にもう1回“恋まねき”での撮影があるので、フルサイズ記録のデータも作っておきましょう。

 ボタンの配置とかメニューの呼び出しとか、直感的な操作が出来て使いやすかったことは延べておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)