接写

2009年8月26日 (水)

敢えてM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmを使ってみる。(Panasonic LUMIX DMC-G1)

マクロ撮影で名誉回復?”で書いたとおり、M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mmF3.5-5.6は比較的接写に強いレンズです。最短合焦距離がスペックシートに明記されているだけの事はあるので、いっぺんやってみたかったこの組み合わせ(。・・)q
090821_075654

090821_075608 ∈(・д・*)レンズを伸ばしてしまうと些かマヌケなのが玉にキズ。

 まぁ、それはともかくとして。この組み合わせでは、ボディーにもレンズにも制振機能がありません。したがって、手振れ補正なしで撮影に挑む事になります。

 それがどれだけ仕上がりに影響する事になるのか?案外、DMC-G1の持ちやすさ・構えやすさとで総裁になりそうな気がしないでもありません。

 撮影日は8月21日の朝8時前後、柏崎事務所の皆が出勤してくる前に散歩を兼ねて撮り歩いて見ました。

090821_073018  本当はね、緑のカーテンにアサガオが咲いているのを撮影できるのは、今年はこれが最後だろうから、複数台のカメラを持ち出してじっくりしっかり撮影に挑みたかったのσ(・・*)。

 土砂降りではなかったものの、生憎の雨模様で、かさを片手にカメラを濡らさないよう気遣いながらの撮影となりました。

 オリジナルデータをご覧戴く場があったほうがよかろうと思い、フォト蔵へアルバムを作っておきました。

フォト蔵:DMC-G1+M.ZD14-42mm@柏崎

090821_072415  今回、うっかり記録サイズが“S”になったまま撮影してしまったので、フルスペックでの撮影データがありません。m(_ _;m)。

 まぁ、それはともかくとして、DMC-G1で使ってもやっぱりピントあわせが迷います>M.ZD ED14-42

 ただ、心なしかE-P1との組み合わせよりは迷っている時間が短いように感じられます。気のせいだろうか?

 手振れ補正が全く効かない今回の組み合わせでも、昼間の屋外撮影なら、じっくり取り組めばそれほど問題にならなそうです。アルバムに掲載した中で、一部にブレっぽい写真が混ざっているのは、風にあおられて被写体が暴れているせいです。念のため。

 今のところ、マイクロフォーサーズでは“マクロ”を銘打ったレンズが発売されていません。DMC-G1やGH1で手軽に接写を楽しみたい旨の方は、毛嫌いせずに一つ持っておいても損はないでしょう。

交換レンズ(マイクロフォーサーズ用) オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mmF3.5-5.6 交換レンズ(マイクロフォーサーズ用) オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mmF3.5-5.6

販売元:ミカサカメラWeb
楽天市場で詳細を確認する

コネタマ参加中: あなたの好きな少年誌は?

一押しは月間少年マガジン、中でも「海皇記」「パンプキンシザース」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

マクロ撮影で名誉回復?>OLYMPUS E-P1

8月も半ばになって、ようやく夏らしい空模様を見せてくれるようになったのでしょうか?
P8140038

P8140044 都会にお住まいの皆さんには意外に思われるかもしれませんが、長野県あたりでは小学・中学・高校生の夏休みは7月末~旧盆までが相場なんです。ようやく夏らしくなったと思ったら、週明けには学校が始まってしまいます。

 随分昔には、夏休みが短い分、春と秋に“お手伝い休み”というものがあったのですが、廃止されて久しいです。お休みが短いのが良い事なのかどうか?

 ま、なんともいえません。

 ところで、このページで掲載している写真、 OLYMPUS E-P1+“M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6”で撮影したものです。

 え?

昨日あれだけボロクソに書いておいて、どういう風の吹き回しだ?」

 ですって?

P8140049  以前にも書いたとおり、σ(・ω・Me)の主な使い方って、「イベントなどでの記録写真」ですから、『あたらずとも遠からずな出来で構わないから、大事な瞬間を出来る限り撮り逃さない事』が最優先です。

 そういった撮影をするときに、「合焦してからもう一回迷う」様な挙動をするレンズは心臓に悪いし、神経に触るから第一線を退いてもらった。

 そのことについては事実だし、ファームウェアアップデートなどによる改善がない限りM.ZUIKO DIGITAL ED14-42mmF3.5-5.6をイベント撮影の現場へ持ち込むことは今後も無いでしょう。

 ただ、メーカーサイトでは

「レンズ先端から最短で約15cm先の被写体を接写することも可能」

 と書いてあるのよね。価格.com掲示板でこういう話も出ていることだし、

「キットレンズやLumix G VARIO 14-45mmで野草類を撮影した写真があれば、背中を押す事になりますか?」

 って、話振ったのδ(´д`;)だから、仕舞ってあったのを引っ張り出して、散歩がてら見栄えがしそうな野草類を撮影してみました。こういう機会でもないと、いわゆる“ネイチャーマクロ撮影”ってあんまりしないんだよね。

P8140041  Panasonic 交換レンズ LUMIX G VARIO 14-45mm標準ズーム H-FS014045 と使い比べてみたんだけれども、「レンズ先端から約15cm先」みたいな近接マクロでは、意外にもE-P1キットレンズM.ZUIKO DIGITAL ED14-42mmF3.5-5.6の方が使い勝手が良い。

 ただし、テレ端(42mm側)で思い切って限界まで寄るのが吉。そうすれば、AFが背景側へ寄ってしまう事も殆どなく、お手軽にマクロ撮影が楽しめます。余裕があるなら、iAUTO以外に“マクロ”とか“ネイチャーマクロ”モードでも撮影しておくのが安牌でしょう。

 今日のような炎天下の撮影ではコントラストがハッキリ出るためなのか、合焦後のリバウンドするような挙動も顕著には現れませんでした。

 でもねぇ、やっぱりイベント撮影へ持ち込むには不安があるんだよ!このレンズ!!

コネタマ参加中: 夏休みの宿題、先にやる派? 後にやる派?【ココログ選手権】

「夏休みが始まってすぐに手をつけ始めるものの、モチベーションが続かなくって放り出し、休みが終わる間際にやっつけ仕事」

というのがいつものパターンでしたねぇ。今頃は甥や姪たちも宿題に追われている頃でしょうか?鬼嫁がひたすら怒鳴り声を上げている様子が目に浮かぶようです。

 良く分かっていない事・納得のいかないことに対してモチベーションが上がらないのは、これはもう脳や精神の構造・機能からして仕方が無い事なんです。“義務”や“責任”を強調する事で、積極的に取り組む姿勢を身に付けさせようとすることは、下策中の下策であり愚作中の愚作出しかありません。

 人間、後ろ向きな意識のときに前向きな行動を起こすことは出来ませんし、逆もまた然りです。あなた自身は、「気が進まない・乗り気でない」事に対して、「自分から進んで積極的に取り組む」事が出来るのですか?

前向きな姿勢で物事に取り組む事を習慣付けるには、それなりのトレーニングが必要です。

世のお父様、お母様方へ。

 あなた方は、子供さんたちに人生を謳歌して欲しいのでしょうか?それとも、子供さんたちを自分の手の内で飼い殺しにしたいのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

『DANONE BODY-ism Calcium Works』(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

届きました(o^_^o)つ『DANONE BODY-ism Calcium Works』。専用箱に2本入って。

このサイト的には、写真を撮らない訳にはいかないでしょ?

090701_142838 ┐( ゜ー^)というわけで早速1枚。クリックすると1024×768pixelまで別ウィンドウで拡大されます。

オリジナルの画像情報は以下の通りです。
Panasonic DMC-G1
4000 x 3000 ドット  24 ビット
露出時間(秒),1/30、F値,4.50、最小F値,4.48
露出プログラム,プログラムAE,分割測光、ISO感度,100
光源,背後の窓からの自然光+フラッシュ強制発光
焦点距離,20.0mm (35mmフィルム換 40mm)

090701_142759因みに、ノーフラッシュだとこんな風(^◇^;)σ

 フラッシュをあててやった方が多少は見栄えがいい、のかな?自動露出が“iAモード”では、「フラッシュの強制発光」という設定が出来ませんので、日中の撮影で内蔵フラッシュによる影消しなどを狙う際には、クローズアップなり他のモードを使ってやる必要があります>Panasonic LUMIX DMC-G1W

 とまぁ、一通りレビューらしい事を書き終えたところで、モニター当選のノルマをば。

 並べて飲み比べてみたわけではないので、厳密な事はいえませんが、その他のレモンフレーバーな天然水よりも、少々苦味が強いように感じられるのは、1本あたり350mgという炭酸カルシウム配合によるものなんでしょうか?

 仕事の合間にちびちびこれで水分補給しながら、1本飲みきる頃には気にならなくなったのだけれども、初見で一気飲みっツーにはちょっと?

「6月30日より、1都9県(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城、長野、山梨、静岡)エリア限定発売予定。」だそうです。

 飲んだあとの満腹感がそれなりに持続するので、実売価格次第では常用してもいいかもしれません。

コネタマ参加中: 『DANONE BODY-ism Calcium Works』モニターキャンペーンスタート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

接写におけるMFアシストの活用(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

20090623_00 三脚を導入したので、Panasonic LUMIX DMC-G1Wの赤い方にモデルになってもらいました。以前にも書きましたが、やはり“自然光”と言うのは照明としては偉大な存在です。

コネタマ参加中: 無人島に一つだけ持って行けるとしたら、何?

(  ̄ー ̄)つ「Panasonic LUMIX DMC-G1W

 

 

090623_140338_2

Img_2137珍しく16:9にして見たり。 まぁ、それはともかくとして、MFアシスト活用時のLCD表示を撮影しようと思ったのですが、相変わらず明るすぎると鏡になってしまいます( -"-)σ

 仕方がありませんので、日時と場所を改めて再チャレンジです。

090626_071459 こんな感じに見えていたとして、AF任せにすると、殆どの場合レンズフードの先端辺りにしかピントを合せてくれません。AFエリアの設定で解決するかもしれないのですが、今回はマニュアルフォーカス(MF)を使ってみましょう。

Afdial_2 AFダイヤルを回してMF(マニュアルフォーカス)にしてやると、モードダイヤルに関係なくMFアシストが働いて、一定時間画面の中央部を約5倍に拡大して見せてくれます。

090626_071738 この超拡大画面は、レンズ先端のフォーカスリングを僅かでも動かしている間はずっと継続されます。フォーカスリングが全く動いていないと、数秒後に解除されます。また、ボディー背面のMENUボタンを押す事で解除できます。

(。_。)qレンズフード内の“LUMIX”の文字へピントを合せてみました。

090626_071753_2Button

液晶画面の4辺に黄色い△マークが出ている通り、背面ボタンの上下左右を押す事で、MFアシストで拡大表示するエリアを移動させる事ができます。(*・・)σ

090626_071920 ┐(・・*)ボディー側へ焦点を移動してみました。LCD右下の緑の線で囲まれた□の中の、黄色い小さな□が、拡大されている位置の目安になります。

Dial左下に“サイズ←→”と表示されていますが、 シャッターボタンの手前下にあるこのダイヤル( ^_^)σ

これを右側まわす事で、もう一段(10倍に)拡大率を上げることができます。

090626_074701 拡大しました。因みに、5倍⇔10倍の変更が出来るだけで、無段階でシームレスなズーミングが出来るわけではありません。

 

 


 どちらにしても、僅か数センチの距離でピントが合うところ・合わないところが出来てしまうのが“接写・マクロ撮影”の特徴です。

 今回のような撮影で、被写体全部へ焦点が合った写真が撮りたければ、少し距離をとって“EX光学ズーム”で狙うか、広めに構図を取ってトリミングした方が無難でしょう。

090625_225905 ┐(・・*)フード先端へ焦点

090625_225823 ┐(・・*)ボディー側へ焦点

 

 

 

 非常に微細なピント合わせを可能とするこのMFアシスト、便利な反面、全体の構図が分からなくなってしまって往生する事もあります。そういう場合は、説明書の110ページを参考に、MFアシストをOFFにしておいた方が良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

マルチエリアAFは接写には向かない。(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

Panasonic LUMIX DMC-G1Wのレビューをしています。今日のお題は“接写”です。

 最近のデジタルカメラでは、ファインダー/モニター内を複数のエリアに区切って、幾つもの被写体に同時にピンと合わせをしてくれることが珍しくありません。この写真館でメインに据えているPanasonic LUMIX DMC-G1Wでは「最大23箇所の同時AFが可能」となっていますが、23箇所のどこへピントを合わせるかはカメラのプログラム任せになってしまうので任意の場所へ決め打ちする事ができません。

090506_141149 こっちの記事、ダイソーのCanon用互換インクを開封してみた。用に、Panasonic LUMIX DMC-G1Wで撮影した写真ですが、

⇐手前のICチップ側を撮影したいのに、奥側オレンジ色のキャップへ焦点されているのが分かりますでしょうか?

 非常に便利で助かる事も多いマルチエリアオートフォーカスですが、カメラ任せ故にアダとなることもあったりします。

090506_142008 こっちもそう⇒
手前のインクタンク先端にピントが欲しいのに、指先にフォーカスされてしまってます。

 接写の場合、どうもこう「狙って欲しいところへポイントしてくれない」もどかしい動きをします。マニュアルフォーカスやAFエリア撮影に切り替えればいいだけの話ではあるんですけれどね?

 

高解像度データの活用:応用編200mm最大望遠ならここまで寄れるで書いたように、被写界深度が深くなるように少しはなれて撮影して、必要な部分だけ切り出すのも一つの方法ではあります。

 マニュアル撮影をするなら、三脚とレリーズが欲しくなるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)