失敗写真

2009年6月28日 (日)

写真が白くなってしまう?LVF(EFV)の弱点とは?(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

まず最初にお知らせです。中川村を含む、信州伊那谷を題材とした写真作品は、 養命の里・伊那谷写真館へ掲載するようにいたしました。コチラの写真館は、サブタイトルどおり使い方のリファレンスや、スキルアップ関連に情報を絞っていこうと思います。

 ところで、検索でおいでになっている方の中に「写真が白くなってしまう」というフレーズがありまして、また、価格.comのPanasonic LUMIX DMC-G1W掲示板でファインダー内の映像というタイトルの、

「ファインダー内の映像が、白くなり画像が乱れて安定しないときがある」

 という趣旨の怒りマークの付いた発言があって、気には掛けていたんです。

090628_184308 それはひょっとして、
⊂(・_・)こんな風にですか?

 意図して撮影したものではありません。 養命の里・伊那谷写真館へ掲載した“後光のような夕焼け(中川村南田島から)”に前後して撮影した1枚なんです。

それでは、この写真の“直前”と“直後”の様子を、それぞれ1枚ずつご覧頂きましょうか。

090628_184256 ⊂( ̄。 ̄)直前の一枚(A)
090628_184314 ⊂(-。-)直後の一枚(B)です。

 いかがでしょうか?どちらも、上の写真(C)とは似ても似つかない仕上がりですね?どうしてこんなことになったんでしょうか?因みに、自動露出モードはすべて「風景>自然」です。

 実は、AとBの写真とでは、ピントを合せている場所が違います。Aは手前の里山に、Bは奥の中央アルプス&雲へ。

 ファインダーを覗いたまま、手前の里山をポイントし、AE/AFロックし構図を調整してAを撮影、AE/AFロックを解除し、奥の中央アルプスへフォーカスを移そうと思ったら、



 ファインダー内が真っ白になりました。

 Cの写真は、ホワイトアウトが納まりかけてきた途中でシャッターを切ってしまったものなんです。例えば、夜間の室内であっても、レンズの前を手などで塞いでやって真っ暗にし、すばやく手を離してやると、数秒の間ファインダー/液晶が真っ白にホワイトアウトします>LUMIX DMC-G1W

 夕焼けとはいえ“日光”ですから、里山⇒夕焼け雲へとフォーカスを移動した際に、上記の目隠し試験と同様に盛大な露出オーバーが発生してホワイトアウトが起こってしまった。

 “ライブビューファインダー”や“ミラーレス”であることについて、「明るさの違うところへポイントを移すと幻惑されて酔う」というネガティブな コメントを見かけることがあります。おそらくそれらは、こういうことだったのではないかと思われるのですが、いかがでしょうか?

 ライブビューファインダー(以下、LVF/EVF)が“電子デバイス”である限り、この照度差によるホワイトアウトは、肉眼に迫るほど飛躍的な進化を遂げたものが開発されないうちはついて回る問題なのでしょう。

 ミラーシステムを持つ“光学式ファインダー”であれば、絶対に発生するはずの無い現象ではあります。

ひとこと、いいですか?
Neta_001_cocolog_oekaki_2009_06_29_
 そういったデメリットまで含めて天秤にかけられて、それでもなおはるかに上回る利点があると判断されてDMC-G1/GH1が世に送り出されたのです。

「ミラーとプリズム周りを省いて、代わりに放送業務用ビューファインダーを持ってきたら、大変面白い道具が出来上がった」

 ざっくりとまとめてしまえば、たったそれだけの事なんです。3ヶ月弱持ち歩いて、撮影枚数だけは誰にも負けないほどの数をこなして、自動露出がオーバーフローするほど照度差のあるところを写線移動しなければならないことなんて、滅多にありませんでしたけどね?

 人でも物でも機械でも、どの様な欠点や弱点があったとしたって、そのことだけで致命的な欠陥があることにはなりません。

 どうしても、LVF/EVF独特の特性が気に入らないって言うのなら、そういったカメラのユーザーにならなければ良いだけの話です。また、不幸にして買ってしまってからどうしても気に入らなくなったのであれば、光学式ファインダーの機種へリプレースするより他ございませんでしょ?

コネタマ参加中: 【落書き】好きな髪型にしてあげてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

失敗の巻:室内写真・リモコン撮影(Canon PowerShot S1IS)

090523_155159 NPO法人信州養命の里プロジェクト平成21年度通常総会で、総合司会と写真撮影を担当したのは、室内撮影についての考察・その2で書いたとおりです。

 そんなに動き回れない事は予め分かってましたから、早めに行ってリモコン撮影の段取りもしてみたんです。

⇐こんなところに、Canon PowerShot S1ISをセットしてみました。

 でもね、確実にワイヤレスリモコンの効いてくれる範囲ってのがイマイチ分からなくって、確信が持てる前に総会が始まってしまいました。

090523_153211 この前は、ほぼうまくいったのになぁ。

 おまけに、バッテリーの充電が不十分で、肝心の会議中の写真が1枚も撮れていません!(大汗

 なにやってるんだかなぁ。

 ついでに言えば、試験撮影のデータもこんなんばっかりだったしね⇒

 露光不十分 or フラッシュが届いていない。

 やっぱり準備不足はよくないなぁ~。

 というわけで、

コネタマ参加中: あなたのTOUCHING WORD(大切な言葉)を教えてください! 

失敗は成功の基!!

あ~んど

あしたがあるさぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)