旅行・地域

2009年8月10日 (月)

1週間のご無沙汰でした。(番外)

前回の“実働編:HPミニノートPC 「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」レビュー④”を書いたのが8月4日だから、ちょうど1週間ぶりになるんですね。

090807_135855  前回書いたとおり、4日夕方柏崎到着、7日午後柏崎出発⇒長野市、8日夜帰宅というスケジュールになりました。一通りの事はこなしてきましたが、課題も山ほど持って帰ってきてます。
090808_111108
 7月20日の“満を持しての3台目”で書いてますが、8月から以前の勤務先が「役籍だけ残した非常勤」となり、NPO主体の活動形態へ移行しています。今回の柏崎⇒長野は、滞りがちな実務の消化と今後の打ち合わせを兼ねたものでもありました。

 写真はそれぞれ、“駄菓子えんまねき”と“小市リサイクルセンター”で掲載した物の「設定違い」Ver、Panasonic LUMIX DMC-G1G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH.  H-F007014での撮影です。

 今回の撮影ではOLYMPUS E-P1の実働試験を兼ねる予定でしたので、 LUMIX DMC-G1赤い奴こっちの人に貸し出しをしていきました。意識してE-P1を使うよう心がけてみたんですが、取材撮影用機材としては今ひとつ、いや今三つくらいは使いにくいんですよね>OLYMPUS E-P1

 まぁ、そういう方向のカメラではない事は最初からわかっていましたが、コンセプト違いである事のほかにも、E-P1のこの「使いづらさ」は、「オートフォーカスがウロウロと迷うからシャッターを切るのに不安が残る」ということでもあります。G VARIOレンズを使うと劇的に改善されるので、レンズのファームウエアアップデートで改善可能なら対応して欲しいところですね。詳細は別途記事にします。

ワークライフバランスの達人

コネタマ参加中: あなたのワークライフバランス実践法を教えてください!

 やる事は以前より増えてますけどね?ワーク/ライフのバランスとかを考えなくてよくなった分、確実に楽になっていますね。

笑顔は無限力―仙人は今日も笑っています かたりあう近未来 ベーシックノート小布施〈vol.6〉 (文屋文庫) Book 笑顔は無限力―仙人は今日も笑っています かたりあう近未来 ベーシックノート小布施〈vol.6〉 (文屋文庫)

著者:原 伸介
販売元:文屋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

“炭焼き仙人”原伸介氏がその著書で述べられていますが、「睡眠時間を除けば、仕事をしている時間が一日の中でもっとも長い」わけですから、「気が進まない、モチベーションの上がりにくい事で生活費や活動費を稼ごうとするのは、人生の殆どを苦渋で塗り固めるに等しい」事なんです。

 結局のところ、「どのような“生き方”や“生き様”が自分にとってふさわしいと思っているか」だけなんですよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

柏崎紀行(番外)

090702_161657_0  NPO全防災の関係で、7月の2日・3日と新潟県柏崎市へ出張してきました。長野市までの竹竿の運搬を兼ねていたので、長野駅までは車を出してもらった従兄弟に送ってもらい、そこから先はJR東日本・信越線での一人旅です。

∈(・д・*)到着地となった柏崎駅。JR長野駅から、途中直江津で乗り換えて約3時間。久々に、長時間の列車での旅となりました。

090702_130934_0  実に23年振りとなる、JR長野駅構内。(*・ェ・*)つ

 長野市内へはこれまでも何度か来ているものの、直通な高速バスの方が便がいいので、どうしても最低1回は乗換えが入るJRを使うことは殆どありませんでした。

 さすがに20年もご無沙汰しているとサッパリ分かりません。案内板にしたがってサッサと乗車口へ。

090702_151325_0 JR信越線には、どっちの方向からも直江津を越えて行き来する列車がありません。柏崎まで電車で行くには、否応なしにこの直江津駅で乗り換えになります。

 ものの数分で乗り換えになることもあれば、数十分待たされる事もあります。長野から北へ向かう高速バスって言うのは、柏崎や長岡には停車してくれませんので、JR信越線の方が、乗換えで待たされてもまだマシということになりますね。

090702_161424 ようやく柏崎に到着です。駅から全防災事務所までは、北陸ブロックの理事に迎えに来ていただきました。この2日間でかなりの枚数の写真を撮っていますが、主に“柏崎駅前ニコニコ通り商店街”や“駄菓子屋えんまねき”で記事を作成するためのものですので、この写真館でレビューとして使用する事はあまり無いと思います。

 まぁ、電車の中から撮影した写真も、記事にして面白いようなものは撮れなかったしね?

コネタマ参加中: 女の人の車内メイクってどう思う?

えぇ~?別にどうっちゅうことは無いんちやう?ええんや無いの?やりたい人はやれば?
( °┌・・ °) ホジホジ♪

 伊那谷のような中山間地域では、如何せん公共交通機関の便が悪すぎるので、通勤を含めた日常的な移動は、勢い“自家用車”に頼らざるを得なくなります。電車・バスを一番使うのは、遠距離通学の高校生なんじゃないのかな?

 ですから、女の人の車内メイクにも、痴漢冤罪の類にも殆ど無縁でいられるのは、“田舎暮らしの特権の一つ”ともいえるのでしょうか?

 通勤時間帯と言ったって、人ごみに紛れられるほど込みはしません>電車・バス。

 結局のところ、“自分自身にふさわしい”と思っているイメージどおりにしか行動できないんです、人間て。はっきりと「迷惑で邪魔」な場面であれば、その都度ネゴシエーションしていけば済む事なんじゃありませんか?

 自分に自由に出来るものなんて、最終的には「自分自身の態度」しか残らないんです。

「フツウであるかどうか?」「おかしいのかどうか?」といった議論からは、そんなに多くのものは得られないものなんですよ?


自分を不幸にしない13の習慣 Book 自分を不幸にしない13の習慣

著者:小川忠洋
販売元:アスコム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

空と大地の間には?(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

090605_142018_0
3日間に亘る沖縄旅行も、帰り際になってようやく南国らしい青空が見られるようになりました。

090605_142719  沖縄アウトレットモールからお送りしています、Panasonic LUMIX DMC-G1Wレビュー番外編。ここを出れば後はバス⇒飛行機⇒バスと乗り継ぐだけですので、現地からの更新は多分これが最後です。再三申し上げておりますが、下書き保存したものに後から手を加えていますので、必ずしもリアルタイム更新ではありません。あらかじめご了承ください。

ヾ(~∇~;) 只今こんな装備でお送りしています。docomo F704iのデジカメ機能での撮影だから、画質についてはほっといてチョーダイ。

 他の皆様方は、それぞれなりにお買い物にいそしんでおられるようですが、σ(゜◆゜;)は最初っから買い物なんぞするつもりはございませんので、涼しい日陰のテーブルを見つけてこんな事をしております。

 土産なんぞ、渡す相手もおらんしなσ(--#)

 閑話休題。こちらの2枚を比較してみてください。
( ̄∇ ̄;)σ  090605_141510_0  090605_141529_0_2

 地面と青空、あるいは海面と青空と言ったような組み合わせの写真では、最低でも下1/3は地面が入っていた方が安定感が増すようです。左は地平線が下1/3に来るように、右は建物の屋根の一番奥が下1/3に来るように撮影したものです。

 左の写真は、見ていて安心感がある反面、構図としてはありきたりなものとなっています。一方、右の写真は、青空を大きく取って開放感がある反面、何処か不安定な感覚を受けることは否定できません。そういったことも踏まえて構図をとって見ると、狙い通りの写真が撮れる確率は高くなるでしょう。

↓トラックバック・ピープル/芸術と人文/写真/空の写真

コネタマ参加中: あなたが好きな太陽系の惑星は何?

そりゃぁ、何といったって、「地球」でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大自然の驚異を撮影する?(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

090605_100039  沖縄ワールド内から“玉泉洞”の様子をお届けする、Panasonic LUMIX DMC-G1Wレビュー番外編です。しつこいようですが、下書き保存したものに後から手を加えていますので、必ずしもリアルタイム更新ではありません。あらかじめご了承ください。

 この玉泉洞のような鍾乳洞内では、概ね真っ暗で基本的に順路の足元を照らす照明のみ、要所要所で演出を兼ねたスポットライトが設置されていると言うのが定番でしょうか?

 σ(⌒▽⌒;)に限らず、カメラを持ち込んで見学に入られる方も多く見られます。では、ここで問題です。このような洞窟内の写真を撮影する際に、フラッシュを焚いた方が良いのかどうか?

 そう、今回も“フラッシュ撮影”がテーマです。

 美ら海水族館の“黒潮の海”をレポートした“人知の及ばない世界を堪能しつつ”でも言及しましたが、“暗い”と言う事も演出に含めた空間でフラッシュ撮影をしてしまったのでは、実は雰囲気ブチ壊しになってしまうわけです。

090605_100409 ⇐このように、色つきのスポットライトが、刻々と090605_100416色を変えながら回転している演出も良く見られるのですが、ここでストロボを使った撮影をして しまうと、こんな風になってしまいます(;-_-)σ

まぁ、岩肌の様子を正確に撮影するにはフラッシュ撮影をするのが正解なんですが、旅の思い出として持ち帰ることを考えた場合には、ねぇ。

どうなんでしょ?α~ (ー.ー") ンーー

 ρ(・д・*)このような、暗闇の奥へもぐりこんで行くワクワク感のある映像を持ち帰るためにも、

090605_100614
ISO感度を高めに設定したノーフラッシュの写真も撮影しておく事をおススメします。

トラックバック・ピープル/芸術と人文/写真/地底・地下

コネタマ参加中: どこ行く?何する? 夏休みの計画を教えて!

 この旅行が夏休みみたいなものですが、お盆休みは色々と雑事に明け暮れている事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

200mm望遠レンズの実証試験(Panasonic LUMIX DMC-G1)

090604_141151  沖縄県の名護市は“沖縄マリオット”から番外編でお贈りするPanasonic LUMIX DMC-G1Wのレビューです。繰り返しになりますが、下書き保存したものに後から手を加えていますので、必ずしもリアルタイム更新ではありません。あらかじめご了承ください。

⇐沖縄マリオットのガーデンプール周辺から撮影した一枚です。

コネタマ参加中: あなたは帽子をかぶる派? かぶらない派?

 幸いに、というか残念な事にと言うか、天気予報の通りに連日曇り調子で、南国らしい太陽はその笑顔を見せてくれません。普段から帽子を被る習慣のないσ(”ε”;)にとっては逆にありがたいのですが、海の写真を撮るにはやはり輝く日の光が欲しいところですね。

 そんな天候であっても、そのつもりになれば撮影対象やテーマと言うのはその気になれば見つかるもので、今回のテーマは“200mm望遠レンズの実証試験”です。

 以前に、西駒ケ岳連峰を題材に記事を書いた事がありましたが、山岳写真では「どこまで寄れるのか”と言う事がいまひとつピントこないかもしれません。良い対象を見つけたので、上の写真から、同じポイントにどれだけ寄れるのかを試してみましょう。

 ちなみに、上の写真はDMC-G1Wの標準ズームレンズ広角側18mm、35mmフィルム換算で36mmの焦点距離です。200mm望遠ズームで目いっぱい寄せてみたのがこちら↓

090604_141258

 200mm望遠、35mmフィルムで400mmの焦点距離では、ここまで拡大する事が可能ですが、望遠撮影をする際に1つ注意しなくてはならないことは、とにかく「揺れる」ということです。

 風の強いときに、体を預けられるものが何もない場所で、不安定なホールドしか出来ないような姿勢でファインダーを覗いていると、軽く酔いが来るくらいに揺れます。手元では数ミリの揺れでも、視線の先では何メートルも視線が泳いでいる事になるんですから、致し方ありません。

 とにもかくにも、それなり以上に望遠撮影の需要があるなら三脚は必須ですね。三脚がないときや、三脚を据える事が不可能な場合は、寄りかかれるものを何か探しましょう。片方の肘を何処かに乗せられるだけで、かなりゆれを減らす事ができ、随分と撮影が楽になります。

 そのようにして、ガーデンプールの鉄柵に寄りかかりながら撮影したシーサー君↓。

090604_142237

090604_142141  このシーサー君、どこにいるかと言うと、ガーデンプール下段の東屋の屋根の上。⇒

 こういった撮影の場合、オートフォーカス任せではどうしてもピントが奥へ行ってしまうので、已む無くマニュアルフォーカスです。MFにするとモニター/ファインダーがさらに超拡大されるので違和感バリバリ(笑

 きっちりしっかりピンとあわせが出来るのでありがたいはありがたいんですがね。目視範囲がいきなり狭くなうので、対象物を見失ってしまう事もけっこうあります。

 まぁ、慣れるよりは仕方が無いですね。もしかしたら、マクロモードで狙えば事足りたのかもしれませんが。

トラックバック・ピープル/芸術と人文/写真/沖縄写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“遠景モード・建物”って、どう使うの?(Panasonic LUMIX DMC-G1)

090604_120220 高級リゾートホテルで、何にもせずにノンビリゆっくり。そんな時間の過ごし方も、最高の贅沢の一つです。他の人たちは、曇り空をものともせずにビーチなどへ跳んでいきましたが、σ(゜-^*)は一人別行動。

「沖縄まで何しにいったんだ?」ですって、

やだなぁ、そんなの、このサイトのテーマ的には「写真を撮りにいった」に決まっているじゃないですか。

Panasonic LUMIX DMC-G1Wのレビューをしています。旅行中なので引き続き今回も番外編です。下書き保存したものに後から手を加えていますので、必ずしもリアルタイム更新ではありません。今回のテーマは“遠景モード・建物”です。

090604_131047   LUMIX DMC-G1Wの設定ダイヤルを遠景モードに回して、液晶画面から“建物”を選択すると、モニターに9分割された枠が表示されます。こんな風に。⇒

 少々うっとおしくはあるのですが、1/3ルールやシンメトリー、奥行きの表現を意識して撮影する際には優れたガイドラインになりますし、何より水平・垂直が見極めやすくなります。

 そういったことを意識して、沖縄マリオットの総ガラス張り屋根のロビーを何枚か撮影してみましたが、そちらは別の機会に譲るといたしましょう。

 なにも建物を撮影するときに使うばかりが脳ではありません。たとえば、
090604_132947
 ソファーでくつろぐ女性を、右・下からそれぞれ1/3のポイントへ正確に配置して見ました。もっとも注視・注目されやすいポジションと言うのは、四辺からそれぞれ1/3程中へ入ったところにありそうです。
DMC-G1Wに限らず、このような沸く表示機能を持つデジカメをお持ちなら、試してみる価値はありそうですよ?

↓トラックバック・ピープル/芸術と人文/写真/旅先写真館

コネタマ参加中: 夏のボーナス、何を買う? どう使う?

「何を買う?どう使う?」も何も、ボーナスそのものがありませんがな、うちの会社。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人知の及ばない世界を堪能しつつ(Panasonic LUMIX DMC-G1)

090603_150952_0 美ら海水族館の“黒潮の海”にて、15時の「ジンベエザメ他給餌解説」を撮影。
あぁ~、なんと申しますか、皆様方考え無しにバシバシとフラッシュを焚きまくっていらっしゃいますが、こういう場合、ストロボ使っちゃうと見ている通りには写らないんですよ?デジカメのモニター画面で大体お分かりだとは思うのですが、PCで見たりプリントしたりすると、がっかりされる事請け合いです。

Panasonic LUMIX DMC-G1Wのレビューをしています。旅行中に付き今回も番外編なんですが、“フラッシュ撮影”に関係があります。下書き保存したものに後から手を加えていますので、必ずしもリアルタイム更新ではありません。

 DMC-G1Wに限らず、ISO設定が可能なデジカメなら出来るだけ高めに設定して、フラッシュを使用せずに撮影するのが吉。光源としては、客席側よりも水槽内の照明をメインと考えて、「夜景を撮影する」くらいの気持ちで挑めば、会場での感動を持ち帰ることが可能になるでしょう。

090603_144120_2

090603_144133 ちなみに、美ら海水族館の中では“Pモード・ISO1600・ノーフラッシュ”をメインに撮影しています。上の写真と同じ場所・アングルで、フラッシュを使った撮影が右の写真です。綺麗に撮れない、とは申しませんが、水槽正面に近い場所ではフラッシュ光の反射が間違いなく入ってしまう事や、水槽外の空間に併せた露出になってしまうので、冒頭で述べたとおり“見たまま”のイメージにならないことが問題点と言えるでしょう。

 ジンベイザメや巨大マンタの動きを、連写で追っかけるのが面白くて、2GBのSDカードがJPEGでいっぱいになるくらい撮影してしまいました。ブログではたくさん並べて見せるのが面倒な作業になるので、そのうち何処かにHTMLで公開することにしましょう。

↓トラックバック・ピープル/芸術と人文/写真/ストロボ写真

コネタマ参加中: 生き物保全活動・・・興味ある?

 いくつかサイトを運用していく中で、ここ“寒鰤庵の写真館”はデジカメ写真や撮影機材の話題に特化しています。ですから、サイトのテーマと直接関係しない話題に深く言及する事は意識して避けてきたのですが、ネタがネタですので、ちょっとわき道にそれてみる事にしましょう。

 たとえば、水族館や動物園の役割の一つに、“絶滅危惧種の保護・保全”があることをご存知の方も居られると思います。そうして保護されている“種”達が、野に海に帰れる日が来るのか、帰ることが出来たとしても種として繁殖し維持していけるのかどうか?

 また、そもそも水族館や動物園で保護されている状態が種としての本来のあり方ではないと仰る方もおいでになる。では「本来のあり方」というのは、いったいぜんたいどの様なもので、誰がそれを判断するのでしょうか?

 動物園や水族館、あるいは植物園などで保護・飼育されている生物と言うのは、その種がいなくなってしまうことを「気の毒だ」あるいは「惜しい」と思う“人”がいて、その生物の保全に務める事が“割に合う”と判断されているから、運営されているに過ぎません。果たしてそれが適切であったかどうかは、遥か後世にならないと判断が出来ない性質のものです。

 そういった人の手による保護・保全に反対される方々は、「人の手を一切加えてはならない」などと仰る。ですが、そのような発言も“その人の都合”によるものでしかありません。

 保全運動に取り組もうが、取り組むまいが、それはあなたの都合に合わせて、あなた自身が判断する事です。その結果、あなたを利する事や、あなたにとって不都合な事が、いずれあなたの元へ帰ってくることでしょう。

 あなた以外の人が、あなたに同調しない事や、あなたの都合の良いように動いてくれない事などは、あなたが文句を付けられる筋合いのものではありません。あなたは、あなたの思うように判断し、あなたが良いと思うままに行動すればいいのです。他の人が賛成してくれる事を過剰に求めたり、思い通りにならに事に腹を立てたりするのは、あなたの後ろめたさの裏返しです。

「人間さえいなければ!」

などと叫んでしまう方もいらっしゃる。ですが、それもまた「人間を特別扱いしている」事に他ならないのですよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

バリアングルモニターの有効活用(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

090603_133436  予め申し上げておきますが、σ(・・*)の撮影って、基本的にデフォルト設定で、カメラ任せのオートですよ?絞りとかシャッタースピードとか、いまひとつ良く分かってません。今のところ、ボタンやダイヤルをチョイチョイと弄った辺りまでが守備範囲でガス。

Panasonic LUMIX DMC-G1Wのレビューをしています。旅行中に付き今回は番外編です。下書き保存したものに後から手を加えていますので、必ずしもリアルタイム更新ではありません。今回のテーマは“バリアングルモニターの有効活用”です。

 那覇空港から美ら海水族館へ向かう車中、バスのフロントガラス越しに撮影した1枚です。ほぼ、ナビシート視点。ちなみに、σ(^◇^;)の席は左側の列、一番後ろから2番目。

090603_133524  そんなところからどうやって撮影したんだ?ですって?

 こうやって。⇒

 バリアングルモニターな事を生かして、角度を付けたモニターを覗きながら、思いっきり両手を伸ばして始点の高さを稼いでいます。望遠つけっぱの赤い方なのは、標準ズームレンズだとフロントウィンドウ内にフレームを絞り込めないからです。

 ちなみにこの写真は、黒い方のモニターを自分撮りモードにして膝の上に置き、レリーズを付けて左手でシャッターを切っています。バリアングル液晶、大活躍ですねぇ。項のようなアクロバティックな撮影をする際にも、目測での盲撮りをしなくてもよくなったのは大助かりです。

↓トラックバック・ピープル/芸術と人文/写真/沖縄写真

コネタマ参加中: インフルエンザ予防してる?

 σ(^0^)は特に予防していません。が、今回の旅行を仕切ってくださった旅行会社さんによると、キャンセルの連続で、本社・支社合せて「億単位の減収」だそうです。チケット類もかなりのディスカウントがされていて、おかげさまで非常に割安感のあるツアーを組んでもらえました。

 私らはありがたかったけれど、経済全体に与えた打撃は大きいようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

解決しました:山が消えた!(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

090520_085652  Panasonic LUMIX DMC-G1Wのレビューをしています。山が消えた!?:西山定点観測で言及した、微妙に薄曇の日に、Panasonic LUMIX DMC-G1Wの“風景撮影モード”で遠くの冠雪を残した山々を狙うと、画像に雪山が写らない現象ですが、解決しました。

 何のことはない、風景撮影モードの露出設定が+6になってました。露出オーバーで白くなっていただけだったんですねぇ~。あっはっは。

⇐この写真は、露出をプラスマイナス0へ調整した“風景撮影モード”で撮ったものです。デフォルトで+6の露出になっていたのか、それとも何かの拍子に寒鰤庵が触ったのか、記憶が定かでないのでなんともいえません。いや、お恥ずかしい。

 違う場所から、西駒ケ岳連峰を狙って見ました。
090520_105312
090520_105222  中川村大草の、望岳荘近くのお客様のところへ寄った帰りの撮影です。もうちょっとロングに引いてみるとこんな感じ。住宅の間から望む中央アルプスです。⇒

 せっかくのWズームレンズキットなんですか、ちっとも望遠ズームレンズの出番がありません。予想していた事とはいえ、もったいないといえばもったいない?

 単品だと、“希望小売価格 49,350円(税込み)”もするレンズなんですがねぇ。35mm判換算で90~400mmってのは、日常的にあまり用がありません。

Panasonic デジタルカメラオプション デジタル一眼カメラ用交換レンズ H-FS045200 CE Panasonic デジタルカメラオプション デジタル一眼カメラ用交換レンズ H-FS045200

販売元:パナソニック
発売日:2008/10/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 逆に、「もうちょっと広い範囲を写界に収めたいな」と思う場面の方が多かったり。最近広角側のオプションレンズが新発売になってますが、標準小売価格で10万円を超えるようなレンズには、おいそれと手が出せません。

 手に入れたら入れたで、『今度は青いボディーに付けたままで持ち歩きたいな』とか言い出しかねないしσ(-_-;)。

コネタマ参加中: 夢の100万馬券!当たったらどうする?

 欲を言えば、広角装備の蒼いPanasonic LUMIX DMC-G1Wと、パスト連写な一眼デジカメが欲しいなぁ~、と。

CASIO デジタルカメラ EXILIM (エクシリム) PRO EX-F1 ブラック EX-F1BK CE CASIO デジタルカメラ EXILIM (エクシリム) PRO EX-F1 ブラック EX-F1BK

販売元:カシオ
発売日:2008/03/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

山が消えた!?:西山定点観測(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

おかしなこともあるもんだ、と。いえ、別に物理的に消滅したわけではありません。

 大型連休が過ぎて、めっきり暑くなりました。毎朝ストーブが恋しくなるほどのあの冷え込みはどこへ行ったんだろうと思うくらいですが、基本的に“涼しい・寒い”よりは“暖かい・暑い”ほうが過ごしやすい性質なので、個人的にはありがたいです。

 でもねぇ、連日すっきりとした快晴とは言い難い日が続くのはどうしたもんざんしょ?

Panasonic LUMIX DMC-G1Wのレビューをしています。

 こうした微妙に薄曇の日に、DMC-G1Wで遠くの冠雪を残した山々を狙うと、%タイトル%のような現象に遭遇します。

090509_132644_2

 5月9日の昼休みに西駒ケ岳を狙った1枚ですが、“場所が変われば見え方も変わる:ふるさとの山並み”“200mm最大望遠ならここまで寄れる”と場所も機材も一緒です。手前里山の稜線上に見えるはずの中央アルプスが全く写っていません。肉眼ではちゃんと見えているのに、ですよ?

090509_132700  もっとも、DMC-G1WでもiAモードならちゃんと写っているんです。論より証拠⇒

 薄曇の空に紛れて見づらくはなっていますが、いつもの場所に鎮座おわしてます>西駒ケ岳連峰。同じ場所から、ほぼ同じ時刻に撮影しても、風景写真モードに切り替えると↑みたいに雲隠れあそばしてしまう。

 な~んで?

 いや、何かあるんだろうけどさ(汗。

コネタマ参加中: あなたの好きな季節は何月?

| | コメント (0) | トラックバック (0)