Canon PowerShot S1IS

2009年6月21日 (日)

ピンチヒッター、Canon PowerShot S1IS(Panasonic LUMIX DMC-G1W)

Neta_003_cocolog_oekaki_2009_06_22_ 090622_131134全滅!スマートメディア!!になってしまい、会社のデジカメが使えなくなってしまいました。実売で¥6000~¥7000の128MBスマートメディアを買い足すのも業腹なので、σ(・・*)のCanon PowerShot S1ISがとりあえずピンチヒッターに。 

リモコン撮影をしたいがためだけに買ったものだから、日常的にはほとんど出番のない“Canon PowerShot S1IS”、当面貸しっぱなしでも差し支えはありません。使うときには容赦なく持って帰るけどな、σ(^-^;)

 そういえば、“Canon PowerShot S1IS”のことをきちんと紹介していなかった事を思い出したので、これを機会にお披露目とまいりましょう。

 撮影には、Panasonic LUMIX DMC-G1Wを使用しています。

090622_131423  Panasonic LUMIX DMC-G1WとCanon PowerShot S1ISの比較をした“良く見れば似たもの同士?”で軽く触れていますが、電源は単三型バッテリー4本です。どうにこうにもな時はそこら辺で売っているオキサイドやアルカリ電池が使えます。

 エネループ型を2セット常備していますがσ(・_・)、あまり長持ちするとはいえないので、“自分が居ないところで写真を撮る方法は?”のような使い方をする場合には、出来ればACアダプタが欲しいところです。省電力設定を解除しなければなりませんのでね?

 バッテリーベイの所に3.2MEGAPIXELの表記が見えますが、DMC-G1WEX光学ズームを使うと大体このくらいの記録画素数なんですね。仕上がりの好みは別として、L~A4プリントで差しさわりのある解像度ではありませんから、新型機の開発競争を鼻で笑って、愛着のある旧機種を使い続けるのも充分“あり”だと思います。

090622_131506 記録メディアはコンパクトフラッシュ、

[送料\210〜]上海問屋セレクト コンパクトフラッシュ CFカード 2GB:上海問屋セレクト CFカード 2GB [メ04] [送料\210〜]上海問屋セレクト コンパクトフラッシュ CFカード 2GB:上海問屋セレクト CFカード 2GB [メ04]

販売元:上海問屋
楽天市場で詳細を確認する

公式には512MBまでしか対応していませんが、2GBの高速型カードもちゃんと使えています。ラージサイズ・スーパーファインでも約1200枚の撮影が可能なので、これ以上大きな容量な物は、使えたとしても用がないでしょう。

090622_130959  液晶チッチャイ&ファインダー覗くと気持ち悪いのは、世代的にいって止むを得ないのですが、それを差し引いても“バリアングルモニター”であることは大きな価値を持っています。

 同世代の他機種と比較して、一回り~二回り小さなモニターな事には違いありませんので、フリーアングルにあまり必然性を持たない方は、他の機種を選んでいただいた方が賢明と言えるでしょう。

G1  ところで、“今日のお昼は・・・(;_______;)”で、DMC-G1Wのモニターやスイッチ周りの撮影には、このPowerShot S1ISを使用しています。赤い方に付けっぱなしの45-200mmレンズは、こういった直近のクローズアップ撮影には向きません。

090513_130528  のメインスイッチ周りですが、(*・・)σ

 モードダイヤルにチューリップマークがありません。なおかつ、LCDで表示されるメニューにも“マクロ”や“クローズアップ”を明示したモードがないんですね。

 PowerShot S1ISで接写ができないと言う事ではありません。「広角側なら10cmまで接写が可能だから、マクロモードへ切り替えるまでもない」ということなんでしょうが、「iAモードなら、接近すれば自動的にマクロモードへ切り替わるPanasonic」との考え方の違いが見て取れて興味深いです。

090622_131622 電源に単三電池が使えること、記録枚数が多いことなどから、メインのDMC-G1Wが両方ともトラブッたとしても、PowerShot S1ISを一緒に持っていっていれば、肝心な記録を撮り逃してくる事はまずないだろうという判断です。

 弄り回してるとPowerShot S1ISも中々面白いんですけどね?これを主役に据えたサイトを立てるかどうかはちょっと微妙です。

コネタマ参加中: 【落書き】白馬ですが自由に模様を描いてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

良く見れば似たもの同士?

090603_165354_0  黄昏時の、ちょっとゆったりした贅沢な時間に、愛機をならべて撮影してみたり。

 引き続き旅行中に撮影した写真を題材にPanasonic LUMIX DMC-G1Wのレビューをしています。今回は“撮影機材”のお話です。

 
Panasonic LUMIX DMC-G1Wと肩を並べているCanon PowerShot S1IS、元々“斜め前方からのリモコン撮影”だけのために導入した事は、“自分が居ないところで写真を撮る方法は?”で書いたとおりです。何しろLUMIX DMC-G1Wにはワイヤレスリモコンもインターバルタイマーもありませんのでね。

 

バッテリーが単3電池サイズである事、画素数の違いからDMC-G1Wと比べて撮影可能枚数が多いことなどから、現在は「万が一のときのための予備」という位置づけにもなっています。

090603_165806_0  
LUMIX DMC-G1Wを約2ヶ月、 PowerShot S1ISを約1ヶ月使ってきて、両者が似たようなコンセプトで設計されている事に気が付いた。バリアングルモニターである事、電子ビューファインダ(EVF)搭載である事などのほかにも、「あぁ、デザイナーの意図しているところってのは、どちらも似たようなところになるのだろうな」と感じる事がけっこう有ったりします。

 ただ、判断基準が完全にLUMIX DMC-G1Wになってまして、σ(・・*)

 比べてしまうとかなり見劣りしてしまうのは否定できません。それなり以上の働きをしてくれるので、 PowerShot S1ISを当分手放すつもりもありませんが、一つだけ我慢できない事があるんです。

 それは、
090603_123648
ファインダーを覗いたときの気持ち悪さです。(;-_-)σ

 PowerShot S1ISのファインダーにLUMIX DMC-G1Wのレンズを引っ付けて、無理やり撮影してみました。まるでテレビの画面を虫眼鏡を使って見ているようなツブツブ感がなんともいえない。とてもファインダー越しにしっかり狙おうなんていう気にはなりません。

 まぁ、導入当初の目的だけ果たしてくれれば良いんで、細かい事は言いっこ無しにしましょう。

↓トラックバック・ピープル/芸術と人文/写真/カメラ&レンズ・機材(レタッチ系もOK)

コネタマ参加中: 「恋」と「愛」の違いって?

のぼせ上がってて、気に入ったところだけしか見えないようになっているのが「恋」

長所も短所もひっくるめて愛おしく思えるようになったのが「愛」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

失敗の巻:室内写真・リモコン撮影(Canon PowerShot S1IS)

090523_155159 NPO法人信州養命の里プロジェクト平成21年度通常総会で、総合司会と写真撮影を担当したのは、室内撮影についての考察・その2で書いたとおりです。

 そんなに動き回れない事は予め分かってましたから、早めに行ってリモコン撮影の段取りもしてみたんです。

⇐こんなところに、Canon PowerShot S1ISをセットしてみました。

 でもね、確実にワイヤレスリモコンの効いてくれる範囲ってのがイマイチ分からなくって、確信が持てる前に総会が始まってしまいました。

090523_153211 この前は、ほぼうまくいったのになぁ。

 おまけに、バッテリーの充電が不十分で、肝心の会議中の写真が1枚も撮れていません!(大汗

 なにやってるんだかなぁ。

 ついでに言えば、試験撮影のデータもこんなんばっかりだったしね⇒

 露光不十分 or フラッシュが届いていない。

 やっぱり準備不足はよくないなぁ~。

 というわけで、

コネタマ参加中: あなたのTOUCHING WORD(大切な言葉)を教えてください! 

失敗は成功の基!!

あ~んど

あしたがあるさぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

ゆっくりとした時間の流れを切り取って。

090514_200654
このような、ある種幻想的な写真の撮影できる夜間の時間帯は、割と好きな方です。楽天の方で、「一期一会に感謝を込めて」という記事で紹介した日の写真です。

090514_190617 キャンドルナイトのような、せっかくのゆったりとした時間の流れを切り取るのに、フラッシュを焚いてしまうのは野暮ってもんですぜ、ダンナ?だから、あっちのトップに入れた写真は、

⇐こんな風にカメラをセットして、手振れを起こさないように撮影してみたり。まぁ、ISO1600設定でも、被写体の方が動いたらブレてしまうのは。こういう撮影の性質上致し方ありませんねぇ。

090514_190917 反対方向からの画が欲しくって、 こんなところへ⇒
カメラをセットしてみたんです。“自分が居ないところで写真を撮る方法は?”で書いたとおり、リモコン撮影です。リモコンを向けている姿が映るのは間が抜けて見えるので(暗いからわからないだろうけれど)、2秒後にシャッターが下りるように設定してあります。

 いざ、撮影・・・、は良かったんだけれど、

 
 

090514_200626 あれれれれ?

 もうちょっと下向きでなくてはならなかったんですねぇ。

 構図の煮詰めが足りないと、こんな風になってしまうという見本でした。

コネタマ参加中: あなたの好きな時間は何時?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

自分が居ないところで写真を撮る方法は?(Canon PowerShot S1IS)

 写真というのは、概ねファインダーを覗くか液晶モニターを見ながらシャッターを押すものと相場が決まっていて、自分が居ない場所・時刻に撮影するなんて事を考えて作られているカメラというのはそんなに多くは無い。

 いわゆる「自分撮り」というのとは少々趣の異なるテーマだから、そこんとこ宜しく。

 

聴き入るには良くても、写真を撮るのには不向きな席ってどこだ?でもちょっと触れたけれど、どうしてもシャッターボタンに触らずに写真を撮りたければ、リモート撮影かタイマー仕込んでインターバル撮影か、大体そんなところしかないわけだ。

 あまり需要が無いのか、ワイヤレスリモコンが標準装備 or オプション設定されているデジタルカメラというのも少なくなっているようだ。もっとも、このリモコンというのも曲者で、受光部はたいていカメラのレンズ側真正面だから、記念撮影や自分撮りする時ぐらいにしか使い道が無いのね。

 まぁ、自分が写らないように、しかもカメラから離れたところで撮影をするなんていうことは想定されてないんだろうけれどね?ワイヤーレリーズったって、DMC-G1W用のものは1.5mしか長さが無いんだよ。

 この記事のタイトルに(Canon PowerShot S1IS)と入っているのにはワケがあって、

「縄文の女神LIVE#015 MA☆VO×美咲」から

090509_201908 例えば、
⇐この写真を撮ったときに寒鰤庵がどこに居たかって言うと、090509_201439_0

 ほぼ同時にこっちの写真を撮ってたりする⇒

 

 

 カメラはどこだって?
じつはこんなところにへばりついている。⇙
090509_195518_0 Canon PowerShot S1ISのリモコン受光部は、シャッターボタンの右下、カメラの右肩にある。

ここ↓
090513_130523 だから、必ずしも自分がレンズの正面に居なくても撮影が出来るわけだ。しかも、有効距離5mと比較的長いのがうれしいじゃありませんか。他の機種はみんな正面だし、精々3mしか届かない。

 色々調べたんだけれど、すぐに手に入るもので条件を満たしてくれるのは他に無かったんだよね。「他のお客さんの邪魔にならないように、いろんな構図で撮影したい」という課題の一つの回答がこれ。

 もう一つの“インターバルタイマー”はねぇ、どの機種でもインターバルタイマー時はストロボ撮影が出来ないから、こういうライブ空間では事実上ペケ。ISO3200設定でもフラッシュ無しでは動きの早い被写体はブレるしね。なにより画像の粒子が粗くなってしまうから、あまり好ましいとはいえない。

 実際どうなのかって事はやってみないと分からないんだけれど、潤沢な光源の恩恵が受けられるポジションて言うのは難しいな。

ちなみに、今回掲載の写真はクリックしても640×480pixelまでしか拡大しません。あしからずご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)