« 効果がないとは言わないけれど?(CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) | トップページ | ムービー機能を使ってみた>OLYMPUS E-P1 »

2009年10月10日 (土)

超広角レンズと内蔵フラッシュについての補足。(Panasonic LUMIX DMC-G1)

お寒うございます ガクガク(((ーдー)))ブルブル

 今朝の冷え込みは激烈なものがありました。まぁ、それでもまだ霜が降るほどではありませんでしたが、鼻水タラタラ、「風邪引いたか?」と心配になるに充分な程度には冷え込みました。

 さて、タイトルの通り前々回の記事、“超広角レンズ使用時の注意点①内蔵フラッシュ編”について若干の補足があります。

 以下の3枚の写真をご覧ください。

091002_172836_2P1000617_2

P1000618

 前々回同様、2009年10月2日に、新潟県柏崎市で行われた、“恋まねき オープニングパーティー 会場となった“びすとろHOSHINO”店内で撮影したものです。

 使用レンズはPanasonic LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH.  H-F007014、カメラはPanasonic LUMIX DMC-G1。

 左から右に移るにつれて、俯瞰(見おろし)の度合いが大きくなっています。それと同時に、VARIO 7-14mmのフードが作る影が薄くなり、右の写真ではその影響はほとんど見られません。

 どうしてこのような結果になるのでしょうか?

 その鍵は、「床やテーブルからの反射光」にあります。

 内蔵フラッシュを水平打ちした場合、その反射光は概ね正面方向からしか帰ってこないため、レンズフードによって光が遮られてしまう部分はそのまま影となって残ります。また、床やテーブルからの天井照明の反射光も、フードの影を打ち消すほどのものにはなりません。

 俯角をつけて見おろす角度が強くなるほど、「床やテーブルからの反射光」がレンズに入りやすくなります。いわば、逆光時にフラッシュを使うのと同様になるのではないか、と予想しているのですが、いかがでしょうか?

 誤りがあるようでしたら、ご指摘願います。

 さて、上記3枚の写真、どこから撮影したのかというと、

P1000604 ここからです。

∈(・・。)この写真の、赤い丸で囲った4つの四角い穴。

 スタッフの出入りの邪魔にならずに、尚且つ会場全体を見渡せるポジションというのは、ここしかないわけなんですよ。

 下の穴からは、カメラを水平に置いてほぼ会場全体を収める事が出来ますが、冒頭3枚の内右側の写真でお判りの通り、この高さは席に着いた人の頭の高さと大体同じです。パーティーでの人の流れなどを撮影するには、あまり適しているとはいえません。

 賑わうパーティー会場を記録しようと思うなら、勢い俯瞰での撮影が増える事になります。また、撮影ポジションが限定されるので、ワイド端での撮影も同様に多くなります。

 超広角レンズの特性として、“外周部の被写体が歪んで写る”のは避けようもありませんが、メインカメラマンとしては、「記録を残す」ことが最優先です。会場全体を収めた写真が1枚もない、なんていうわけには参りません。

 身も蓋もないことをいってしまうと、納品の際にこの“広角歪み”について説明すると、

「そんなこと、指摘されなきゃ分からんよ」

 と返事が返ってくることがほとんどです。

 ところが、

このような広角レンズの使い方をした写真が公開されることを、ひどく嫌がる方々がいらっしゃる。   

「私たちが従来教えられた広角レンズの使い方からは理解できない作風です。」 

 などとの賜れるのは、実に大きなお世話ですねぇ( ̄Д)=3

 まァ、公開したものについてどんな評価をつけようが、それは見た人の勝手ではございます。 ですが、

「個人的な感覚でしかないものを、何の根拠も無く普遍性を持つものとして断言する」

 このような言動は、言っている本人にも、周りの人たちにも良い影響を残しません。なぜかといえば、

「他人をムリヤリ自分の支配下に置こうとする」

 行動に他ならないからです。

 更に詳しいお話は、q(^-^) のシリーズで書いていきます。

コラム:災害に強い『人』づくり
 

 ご関心がお有りのようでしたら、第1回からご覧いただけると嬉しく思います。

 実際の所、今回のように限定された条件がつかない限り、7-14mmを持ち歩いていても多用するのは10~12mm周辺で、ワイド端7mmを使わなければならないような場面はそれほど多くはありません。 にもかかわらず

『7-14mmはどう?』

 という質問があった際には迷うことなく7mmで撮影したものを提示します。未公開で適切なものが無ければ、わざわざ撮影してきてでも7mm作例をUPします。理由は、

「歪みが出ていようが、レベルが取れていなかろうが、超広角レンズならワイド端で撮影したものがもっともそのレンズの特質を顕すもの」

 だからです。「このレンズとボディーの組み合わせでは、このように写るのだ」という作例の提示は、へたくそな使い方であろうが何だろうが、

『ないよりはあったほうが良い』

 それだけのことです。既に絶品とも言える例が提示されていればなおの事、方向性の異なる作例が提示されている事が望ましいのではありませんか

“LUMIX G VARIO7-14mm”というレンズの使い勝手について具体的な話が出来るのは、借用だろうが何だろうが「使ったことがある」人だけです。

「8万円前後という価格に見合った価値」があるかどうかを語れるのは、自腹を切って購入した者だけです。

 自分の希望するレンズが発売されないからといって、まるで「メーカーの企画開発や販売戦略が不当で糾弾されるべき」かのようなイメージを垂れ流して、得られるものって何かあったんでしょうか?

|

« 効果がないとは言わないけれど?(CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) | トップページ | ムービー機能を使ってみた>OLYMPUS E-P1 »

LUMIX G VARIO 7-14mm」カテゴリの記事

Panasonic DMC-G1W」カテゴリの記事

広角レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203964/31663423

この記事へのトラックバック一覧です: 超広角レンズと内蔵フラッシュについての補足。(Panasonic LUMIX DMC-G1):

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/10/11 10:06) [ケノーベル エージェント]
柏崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 10時06分

« 効果がないとは言わないけれど?(CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) | トップページ | ムービー機能を使ってみた>OLYMPUS E-P1 »