« 黒いのは置いてきました。(Panasonic DMC-G1) | トップページ | ポートレートモードって、要するに塗り絵なんだよね?(CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) »

2009年10月28日 (水)

E-P1のムービーと“You Tube”>OLYMPUS E-P1

“ムービー機能を使ってみた”の続きです。
楽しい事をやっちゃいました!!で紹介された、“恋まねき”の三宮コーディネーターと代表のオセロ対戦、 オセロしませんか?へ掲載した動画へ続く序盤の7分半です。

 

 E-P1では、最長7分程度のHD動画が撮影可能です。7分程のHD動画は約2GBのAVIファイルになります。

 このAVIファイル、そのままYou Tubeへアップロードすることが可能ですが、σ(--#)とこの回線(フレッツモアⅡ・12MB)ではキッチリ3~4時間かかってしまいます。まぁ、それはさておき、↑の動画、再生前のサムネイル表示では相当露出ーオーバーに見えます。

 再生していただけるとすぐに分かりますが、1分ほどのところで少々撮影アングルを変えた途端に逆光気味となってしまい、結果として露出オーバーとなったのです。

 ムービー撮影のメニューはデフォルトのままですので、ムービーAEモードはプログラムAUTOの設定です。このような逆光への変動には、対応しきれないんでしょうか?もう少し使い込んでみないと、なんとも言えません。

 ところで、You Tubeへ公開したムービーをブログなどで紹介する場合、HD動画としてアップロードされたものは、幅480pixel以下に設定することができません。

 

 

冒頭のムービーに続く中盤、生憎バッテリー切れのために2分40秒の録画です。

 この写真館のように、「ブラウザのワイドいっぱいにコンテンツを広げる」構成ならどうという事はないのですが、雰囲気優先でコンテンツエリアの幅が400pixel程度になっているブログテンプレートは数限りなくありますから、そのような場合は色々と不都合な面があります。

 序盤・中盤のムービーを、“恋まねき”へ掲載しなかったのはそのような理由からでもあります。 オセロしませんか?へ掲載した“終盤6分”は、EXILIM Hi-ZOOM EX-H10で撮影したものです。EX-H10にはそのものズバリ“You Tube モード”というのがあるんですが、こちらについては機会を改める事にいたしましょう。

ブログネタ: ズバリ! あなたの“武器”は何ですか?参加数

参考(ΘoΘ)σ自分の身を守れる程度の能力とは?

|

« 黒いのは置いてきました。(Panasonic DMC-G1) | トップページ | ポートレートモードって、要するに塗り絵なんだよね?(CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) »

OLYMPUS E-P1」カテゴリの記事

ムービー(動画)の撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203964/31964081

この記事へのトラックバック一覧です: E-P1のムービーと“You Tube”>OLYMPUS E-P1:

« 黒いのは置いてきました。(Panasonic DMC-G1) | トップページ | ポートレートモードって、要するに塗り絵なんだよね?(CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) »