« 超広角レンズと内蔵フラッシュについての補足。(Panasonic LUMIX DMC-G1) | トップページ | 黒いのは置いてきました。(Panasonic DMC-G1) »

2009年10月18日 (日)

ムービー機能を使ってみた>OLYMPUS E-P1

NPO全防災柏崎援農隊の新潟県柏崎市・鵜川/折居地区での作業風景です。

OLYMPUS E-P1 ムービーモードでの撮影です。

 正直に申し上げて、ムービー機能は「あっても使うことはないだろう」と思ってました。

 イベントの記録などは、静止画で充分だろう。

 そういう意識だったわけですね。

 これまでに、デジタルカメラのムービー機能を使ったことが、全く無いわけではありません。ですが、静止画の撮影とムービーの撮影とを、一人の人間が同時にこなす事は基本的に不可能なので、

「ムービーの撮影に気をとられてシャッターチャンスを逃すくらいなら、スチルフォトの撮影に集中しよう」

 という判断でもあったわけです。

 12年ぶりに一眼タイプを購入するに当たって、当時既に“DMC-GH1”の発売が秒読みに入っていたにもかかわらず、ムービー機能のない“G1”を選択したのは、

「それで充分だろう」

と踏んだからでもありました。実際問題として、これまでムービー撮影が渇望されるような場面には遭遇してこなかったのですが、

「100枚の静止画より1篇の動画を必要とする」

事もあったのでした。

 休耕地のカヤ株を抜根した際、表土を一緒に剥ぎ取って行ってしまっている為、極力根から土を落してやる必要があるのですが、これが並大抵のことではありません。柏崎援農隊から依頼を受けて撮影に赴いたのですが、

「実際の作業を動画で見てもらったほうが良いだろう」

 という判断でのムービー撮影となりました。音声モノラルだし、風の音がバンバン入っていますが、検討用資料とすればこの程度で充分役に立ってくれます。

 E-P1の、初めてのムービー撮影は、実は“恋まねき”オープニングパーティーの開会式ですが、お客様方が丸映りなので一般公開用にはなりません。

 ムービー撮影については、色々と記事にする課題も多いのです。実のところまだまとめ切れていませんが、あまり更新の間があいてしまうのも良くないので、取り急ぎ“やってみた”という報告だけを掲載しておきます。

 先述の通り、12日~17日まで、NPO全防災の関連会社、(株)縁招のオープニング準備サポートのために柏崎へ出張しており、一週間のご無沙汰となってしまいました。

 時間が全く取れないわけではないです。ワーク/ライフの区別が無いのも変わりません。だけど、柏崎へ行っていると、ここだけではなく、管理しているほかのブログの記事も書けないようになってしまう。

 管理画面を開いても、文章が一つも浮かんできません。

 これはもう、柏崎に行っている時と、地元にいるときとでは、

「マインドセットが違うものになっている」

 としか言いようがないですね。

|

« 超広角レンズと内蔵フラッシュについての補足。(Panasonic LUMIX DMC-G1) | トップページ | 黒いのは置いてきました。(Panasonic DMC-G1) »

OLYMPUS E-P1」カテゴリの記事

ムービー(動画)の撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203964/31850038

この記事へのトラックバック一覧です: ムービー機能を使ってみた>OLYMPUS E-P1:

« 超広角レンズと内蔵フラッシュについての補足。(Panasonic LUMIX DMC-G1) | トップページ | 黒いのは置いてきました。(Panasonic DMC-G1) »