« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月19日 (土)

夕日を、より夕日らしく手軽に撮る方法>OLYMPUS E-P1

OLYMPUS E-P1 シーンモード#15「夕日」による撮影。

P9181103

NPO現代座による

「心をつなぐ小さな劇場 うたと朗読 遠い空の下の故郷

~ハンセン病療養所に生きて~」

 中川村公演の会場となった、葛島区民会館から撮影した1枚です。

 そんなに毎日は“夕日らしい夕日”が拝めるわけでありません。青空のまま日が翳って暗くなってしまう日もありますし、むしろそっちの方が多いようにも思われます。

 現代座の皆様が、

「東京では滅多に見られない夕焼けだよね」

って感動していらしたんですが、

「私のデジカメにも夕焼けを綺麗に撮るモードがあるんだけれど、使い方が良くわからないのよ」

という声が聞こえたので、E-P1の“夕日モード”を使ってみた次第です。

P9181098P9181097

左:iAUTO、右:シーンモード#15「夕日」

E-P1での夕日モード呼び出し手順は、以下の通りです。

おなじみ、モードダイヤルは“SCN”。(*´ー`)σScn

090920_095400 ⊂('-'*) メインダイヤルかサブダイヤルを回して、#15「夕日」を選択し、OKボタンを押します。


090920_095333  数秒待つと、詳細な説明を表示してくれます。

 DMC-G1の夕焼けモードの時にも書きましたが、カメラ任せのオート撮影では、

『本来青空であるはずだ』

 という方向の、非常に大きなお世話な補正を掛けてしまってくれるのは、メーカー・機種の壁を越えた共通性なのでしょうか?

 まぁね、基本的な自動露出のプログラムがそういう方向だからこそ、各社とも“夕焼け”とか“夕日”とかっていうモードを搭載してくるんでしょう。

 上の画像では、

「赤・黄の色を鮮やかに再現します。」

 とありますが、実際その通りの表現がなされます。

 確かにその通りなんですが、実際肉眼で見ている夕日や夕焼けって、もっと紫がかっているんですよね?

 パッと見喜ばれるような夕日らしい夕日の写真が撮れますが、オレンジが強調されたような色合いになるのも各社共通の傾向なんでしょうか?

 ま、それ以上こだわるのなら、マニュアル露出に挑戦すれば良い事ではございます。

コネタマ参加中: 何となく信じている“迷信”ってある?

迷信?信じてませんよ?

迷信 - Wikipedia

迷信(めいしん)とは、広く流布されているが科学的な根拠の全くない知識 のこと。もしくは、それらを誤信することである。その中でも比較的歴史があるものがこう呼ばれる傾向がある。

 “科学”というのは、要するに“知識体系・情報体系”です。

  1. 必要な条件をそろえることが出来て、
  2. 適切な手順を踏んで取り組めば、
  3. 100人が100人とも同じ結果を得る

ことができるように、収集と分析・解析を繰り返し、“法則”といえるようになるまで真摯に検証を続けるのが“科学”なんです。

 分かっている限りの条件と手順を揃えたにもかかわらず、異なる結果が生じた場合には、

  • そこに何か違いがあったのではないか?
  • まだ発見できていない条件や手順があるのではないか?

 と、再び検証を重ねるのが“科学”なんです。

“迷信”というのは、こういった検証作業無しに

『同じ結果が得られるはずだ』

と妄信することです。成功と繁栄、発展と前進とは反対方向を向いたネガティブなものです。

 幸せでありたいと望むなら、“迷信”は無用のものです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年9月14日 (月)

本当は借り物なの。:Canon EOS Kiss Digital

Canon EOS Kiss Digital

090821_102034

NPO全防災の北陸ブロック事務局長が「古物商」資格を持ってらいして、お客様から買い取ったものだそうです。だから、厳密に言うとこれは“彼の私物”でありんす。

 北陸ブロックのメンバーには、一眼レフタイプを使える人がいそうに無いということなので、借りてきちゃいました。8月のアタマに柏崎へ行ったときの事ですから、紹介するまでに1ヶ月ほど開いてしまいました。

「使いかたを後で教えてくださいね?」

 って頼まれてるけれど、コンパクトデジタルカメラやDMC-G1、E-P1等とは一線を隔した使い勝手を持つこのタイプ、

σ(・・*)が買い取っちゃった方が良いんじゃね?

 とか思わなくもありません。

 レンズなし本体(箱・説明書含む一式+社外品バッテリー2個)が5,000円、リサイクルショップでレンズを見つけて5,000円だったそうですが、相場的にはどうなんでしょ?関心が薄かったから良くワカラン。

090821_102343 背面側。一応LCDはついていますが、撮影データの確認用にしか使えませんのよ。

 そうです。ライブビュー機能が全くありません。

 このあたりがねぇ、コンパクトデジタルカメラしか使ったことが無い人たちにとって、最も敷居が高いと思われるところです。

 かくいうσ(--#)も、普段主力はG1艦隊な訳でして。

 借りてきてから1ヶ月、チョコチョコ使ってみてますが、“ライブビュー無し”を忘れていて戸惑う事が時々あります。

 参考までにメーカーサイトρ(・・。)

デジタルカメラEOS Kiss Digital機種仕様

 あぁ、そうそう、撮影データのアスペクト(縦横)比は、3:2で固定です。紙焼き写真と同じ、と言われているこのモードだけです。4:3とか、16:9とかには変更できません。

090821_182719_2 なんとかフェス会場入り口付近に展示されていたオブジェ。(*・д・)つ

 なんとかフェスティバル2009の撮影でも使用していて、リンク先のアルバムでアスペクト比3:2になっている写真は、殆どこの“Kiss Digital”で撮影したものです。

 実を言うとね?これ借りたときにはもうなんとかフェスティバル2009の撮影にσ(・・*)が入る事は内定してまして。

 しかも、撮影の殆どが夜間になることは予め分かっていたわけなんですよ。しかも、会場が電力線が来ていない山の中なものだから、4日間全く充電が出来ない可能性も否定し切れなかったんです。

 特に、照明のほとんど期待できない夜間の撮影で頼りになりそうな外部フラッシュは、“FL-36R”1台しか持っていませんσ(▼▼;)。

 FL-36Rそのものは、単三電池駆動が可能だからどうにでもなるとしても、相方となるDNC-G1やE-P1のバッテリーを極力温存しなければならない。これはもう、カメラの稼働台数を増やして乗り切る算段をしておいた方が良かろうと。

 まぁ、実際の所、早朝~正午くらいは小市リサイクルセンターで休息させていただく事が可能でしたので、心配した事はなかったんですけどね?

090824_112212
なんとかフェス会場から空を見上げて1枚!(。・ω・)/

 撮影されたデータだけを見ている限り、

「記録写真撮影用としてなら、このくらいでも充分かなぁ」

 と思わなくもありません。ただ、“DMC-G1より二周りもでかい図体”や、“ライブビュー無し・バリアングル無し”とか、主力に据えるにはちょっとね?

コネタマ参加中: あなたは眼鏡派? コンタクト派?

 中学生になった頃から眼鏡を掛け始めて、以来1度もコンタクトレンズというものを使ったことがありません。どうしても「眼球に常に異物が貼り付いている」という状態に馴染めませんでしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

ようやく公開「なんとかフェスティバル2009・長野騒乱」

「なんとかフェスティバル2009・長野騒乱」で撮影した写真を、ようやく公開いたしました。

NPO全防災長野県本部北信なんとかフェスティバル2009

 1500枚に及んだ撮影データの中から、350枚弱まで絞り込んであります。アーティスト・一般参加を含めて、個人がはっきり識別できるような写真は公開していません。加えて、敢えてシャープネスが掛らない方向でリサイズしている上にVGAサイズまで縮小されているものだから、

「出来の悪いものばかり公開してるのか?」

 と思われても仕方が無いかもしれません。まぁ、雰囲気だけつかんで頂ければよろしいかと存じます。主催者・会場提供者には、ほぼ全てのデータを渡してきているので、記念撮影的なものはそちらへ問い合わせていただくということでお願いします。

090824_184606
最終日夕方、全ての撤収が完了して再び無人となる会場。送り火を消して撮影班が引き上げれば、次のイベントが企画されるまでの間は時たま管理の手が入るだけとなります。

 開催されたのが8月の21日~24日だから、半月ほど間が開いてしまいました。先述の通り主催者である松本哉氏にデータを渡してあるので、主催者側の公開状況を様子見していたというのもありますが、実を言うと8月の始めからずっと体調を崩してまして。

 25日にジロウさんのところのサポートをやって、1泊して26日に帰宅。その後1週間ほど寝込んでしまいました。確かに炎天下の4泊5日はきつかったですよ?でも、それだけじゃぁ無いんです。

 こっちこっちで時々書いていましたが、つい最近まで、10日に一辺は“心因性不整脈で死に掛ける”ような生き様を強いられてまして。物心ついてから数十年間の、『生き延びてこれた事が不思議だ』と言われるほど過酷な半生から発生した慣性は、メンタルイメージの書き換えが成ったと言っても容易なことでは止まりません。

 今後そんな心配をしなくて良い事がほぼ確定した8月以降、心身ともにきっついリバウンドに何度か見舞われています。ですが、これまで自分自身の内面に口をあけていた底知れぬ奈落の暝さや寒さ冷たさを思い返すと、

「この程度のリバウンドで済んでいて、むしろラッキーなのではないか?」

と思えるほどです。

 本当はね、こっちのブログはこんなことを書くサイトでは無かったはずなのよ?どうしてこんなことを書き始めたかって言うと、

続きを読む "ようやく公開「なんとかフェスティバル2009・長野騒乱」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 3日 (木)

夕焼け空をより“夕焼けらしく”撮影する方法が、ここにあります。(Panasonic LUMIX DMC-G1)

 DMC-G1には、そのものズバリ“夕焼け”と名づけられた撮影モードがあります。

P1060541
“シーンモード・夕焼け”で撮影した一枚です。

P9030469P9030468 シーンモードを呼び出すダイヤルの位置は

∈(・・*)ここ

このときのLCDモニター表示はこちら(*・・)つ

 

 このような撮影時に使われそうな他のモードと比較してみましょう。

 クリックでW=1024pixelまで拡大します。

 

 

 

P1060545
シーンモード・夕焼け
P1060546
iAモード
P1060547_3
風景モード・標準

 夕焼けモードでは、より夕焼けらしい表現がなされています。チョッとやり過ぎなくらい。肉眼でみた時の様子は、夕焼けモードとiAモードの中間ぐらいでしょうか?

 逆に、風景撮影モードでは、「青空であるべき」という方向で補正が掛ってしまっています。

P9030467 ついでに言及すれば、DMC-G1のファインダーやLCDモニターでこの“風景モード”の画を表示したときに、夕焼けらしい色合いが思いっきりスポイルされてしまうものだから、咄嗟に悩んでしまう事があるんです。

⊆(・・*)こんな風に。

 「淡い赤系の表現が見づらいのは、DMC-G1のLCDとEVFの仕様」

というのは以前も書いた通りなんですが、DMC-G1で夕焼け空の撮影をするのであれば、夕焼けモードとiAモードの両方で撮影しておけば安牌でしょう。

 9/5追記
 この日撮影した12枚の写真は、「フォト蔵:夕焼け空の撮影@DMC-G1」へ公開してあります。こちらでは4000×3000pixelのフオリジナルサイズがご覧いただけます。

夕焼け空の撮影については、過去2回ほど記事にしています。

また、2回ほど“養命の里写真館”へ寄稿しています。

コネタマ参加中: 睡魔に襲われたとき、どうやって眠気を覚ます?

「次から次へとユンケルの高いやつに手を出して、不眠不休で1週間を乗り切ったけれど、その後丸3日間(72時間)爆睡した」
という話を以前聞いたことがあります。どうしても仮眠の時間が取れないときは、REDBULLとか眠気すっきりガムに手を出すこともありますが、所詮は一時凌ぎにしかなりません。
 動けないときに無理して動いたらアカン。これ、鉄則です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

番外編:パナソニック「DMC-GF1」が発表になりました。

書きかけで下書き保存したままの記事はいくつもあるのだけれどね。
ついでに言うと、手元にない・使ったことない製品の記事を書くということは基本的にしないんだけれどねσ(⌒▽⌒;)

コネタマ参加中: あなたのバッグの中にいつも入っている物は?

(*・・)つ[デジカメ]

 どこへ出かけるにしてもカメラは手放さない寒鰤庵ですが、どれを持っていくかはそのときの状況次第・気分次第です。

 イベント取材などの時にはためらわずにフルメンバーそろえて出撃体制をとりますが、お散歩やちょっとしたお出かけのときなどには、DMC-G1を中心とした“デジ一”はさすがに躊躇するものがあるんです、最近は。

 かといって、現在所有の旧式コンデジ群では、主に背面LCDがちっちゃくって頼りない。

 画質云々はこの際、ウリャァ!! (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。;・'

 そんなわけで、何気にお散歩カメラとしてOLYMPUS E-P1を持ち出すことが増えていたりします。当然のことながら、DMC-G1とは操作性が異なるわけなので、[面白いんだけれど、なんかイマイチ」な感も否定しきれずにいます。

 そんな中で、かねてから噂のあった、Panasonic DMC-GF1 が正式発表になりました。

パナソニック、マイクロフォーサーズ準拠モデル第3弾「DMC-GF1」

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090902_312478.html

 発表されている資料を見る限り、形状・寸法的にはDMC-G1から軍艦部を切り取って、バリアングルLCDのヒンジ分だけ左右幅を詰めた感じです。バッテリーにDMC-G1と共通のリチウムイオン充電池、“DMW-BLB13”を使用するために、前後幅はOLYMPUSのE-P1ほど薄くはなっていません。

 内蔵ストロボがGN6のリトラクタブルだったり、少々?な所もありますが、G1艦隊の予備役としてならGF1の方が遥かに適役と言えそうです。

 DMC-G1のWズームを2セット、レンズキットを1セット購入している関係上、どのようなレンズのローテーションをしたとしても“G VARIO 14-45mm”は常に1本余ってる状態なので、店頭予想価格通りに2万円近い実売価格差がつくなら、ボディーだけ買って様子見でも良いのだけれどね?

 σ(・・*)のとこの使い方だと、単焦点パンケーキレンズの類は殆ど用がないし。

 ただ、DMC-GF1のレンズキットは ブラックオンリーというのが面白みに欠けるのよね。予算さえ確保できれば、値落ちした頃を見計らってシェルホワイトのパンケーキセットということになるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »