« やっぱり笑顔が一番でしょ?(EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) | トップページ | 敢えてM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmを使ってみる。(Panasonic LUMIX DMC-G1) »

2009年8月25日 (火)

苦手なものは苦手なの!(EXILIM Hi-ZOOM EX-H10)

CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H10 で撮影した、恋まねき”店頭のアサガオです。
Cimg0013

 何も特別な事はしていません。アサガオの花にピントを合わせ、シャッター半押しのまま構図を変えて撮影しただけのものです。「EXILIM Hi-ZOOM EX-H10というカメラは、何もしなくてもこのくらいの写真は撮れるのだよ」という一例を提示しておいて、前回の続きです。

フルサイズ記録で撮影してみないと、本当の実力というのは分からないものですが、ひょっとしたらEX-H10内部のリサイズ処理プログラムが“タコ”なんではないか?と思わなくもありません。

前回こういう話に留めておいたんですが、(。・・)/

 長野へ出発する前に“恋まねき”へ立ち寄って、お祝いの花が飾られたお店の様子を撮影したついでに、自分のSDカードと差し替えてフルサイズ記録のデータも作ってきました。

Cimg002  結果としてどうだったかというと、やっぱり単色同士の境界線でジャギーが出てる&あり得ない色のノイズが発生してる(*・д・)σ

 ρ(・д・*)コレの基データからpixel等倍で切り出したものです。
Cimg0024_2 こうなってくるとねぇ、EX-H10というカメラはこういう仕様なんだと思わざるを得なくなってきます。

 EX-H10というカメラが、値段相応の実力を持たない落第品といるのではありません。そういう話をしているわけではないからこそ、冒頭でアサガオの写真を掲載したんです。

“デフォルトのままではこういう被写体が苦手である”ということを理解して付き合っていけば良いだけの事なのではありませんか?

 撮影モードや設定の変更で改善の余地があるかもしれませんから、挑戦してみるのも良いでしょう。どうでも我慢がならないというなら、買い換えるなり買い増しするなり、お好きなようにされると宜しい。

 ρ(・・。) コレくらいの写真は、何も考えていなくたって撮れるんです>EX-H10
Cimg0005

 常に手の届くところにあるわけではありませんが、柏崎へ出向く機会があれば少しずつ機能の確認をしていきたいと思います。

コネタマ参加中: ちょっと高かったけど、買って良かったモノは?

 DMC-G1E-P1を始めとして、主力で使っている撮影機材は全てそうですね。

|

« やっぱり笑顔が一番でしょ?(EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) | トップページ | 敢えてM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmを使ってみる。(Panasonic LUMIX DMC-G1) »

EXILIM Hi-ZOOM EX-H10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203964/31145465

この記事へのトラックバック一覧です: 苦手なものは苦手なの!(EXILIM Hi-ZOOM EX-H10):

« やっぱり笑顔が一番でしょ?(EXILIM Hi-ZOOM EX-H10) | トップページ | 敢えてM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmを使ってみる。(Panasonic LUMIX DMC-G1) »